2014年04月16日

酒を飲むことの帰っていく道に浮気性をしていた彼女

先週末、彼女(20才)が突然午前に間に達しました。



話を聞けば、どうしても昨日大学の友達&先輩と朝まで飲んでいて、直接の間に来たもの.



道理でビートルビートルだねだと考えて、水を起こせば、すなわちベッドに崩れて混雑する彼女.



ああだと考えて、私も彼女のそばに入って、また寝ようとしたところ、突然彼女が駆け寄って抱かれてデープキス.



まだ取っているということなのかだと考えながらも派手でけばけばしい気持ちになって、昼間からHをしました。



そして、互いに満足してベッドでゆったりと過ごしている時、彼女から「あるじゃない…少し話があることだがする…」と話されました。



話す形からすれば、あまり良くないものと察知して、私は少し態勢を行って踊って「何? 何かあったのだ? 」と問い直せば、「ウン…」と話して睡眠始動案閉ざしていました。



私が再び「どうなったことですか? 何かあったことなのか? 」と聞けば、「あるじゃない…浮気性話がしたことがある…? 」という返事.



何か異常だと考えながらも「いや、ないです。 突然何なの? まさか君浮気をするとか話すのではありません―? 」と多少見下して戻せば、彼女は沈黙….



「エッ、まさか浮気をしたとこと? 」と聞けば、「ごめん…」と話されました。



みなセックスした後に浮気性の報告.



彼女敵でこれが良いタイミングだったことかなんだか分からないですが、突然の浮気性報告に驚きを隠すことができなくて、「いつ、誰と、どんな展開で? 」等を聞きたくないわけだが、聞いていました。



すると、浮気性をしたことはうっかり昨日の夜〜朝かけて。 相手は院生の【伽陀この】が良くてかたい先輩. 初めには6人が飲んでいたが、4人が途中寮に戻ってしまって2人切りになって、互いに泥酔近くまで話していて、うっかり…ということはした。



なぜ男と2人切りに…などの色々な疑問がありましたが、「それはセックスしたとこと? 」と聞けば、「Hはしていないです! 口で少し…」と話しました。



こいつバカ白痴これだと考えながらも、自身が分からないナム者のを少し前にまで◎得ていたことなのかだと考えれば、嫉妬の考えと共におかしな興奮を感じました。



そして、「少し話がどんなこと? 」と聞けば、「先輩がつくことになって、口で軽く◎得たが、それのみですね…」と話してきました。



彼女の言い方が明確にたどたどしかったので、いろいろ隠しているんだねだと考えた私は「全部率直に話して。 嘘だけはなしで」というと、「ウン、分かった…」と話しました。



そして内容を聴けば、実際は先輩が強制的につくようにしたことではなくて、自ら先輩のそばに良い、先輩に駆け寄って抱かれてキスをして、思わず自身から触ってしまったということ….



そして、興奮した先輩が自らジーンズなど全部脱いで、それを手【高キー】と、口に◎得てそのままイカせたということ….



ここまで聞いて、こいつ本当にありえないね…だと考えていれば、「租借非常に取っていて仕方なかったことですね! 」と居直り風で話してきたので、別に聞く気はなかったですが、「あるじゃない、さっきセックスしていないと話したが、どんなものだ? 正直に」と聞きました。



すると、口でイカせた後に今回は先輩に攻撃できて、識別すれば生で挿入されて、そのまま生でイカれた…と話しました。



私はここまで入って激しい嫉妬心を抱くということと同時に先輩に話す方法に当てられている彼女を想像してしまって、おかしな興奮を記憶していました。



そして皆を聞いた後、私は彼女に駆け寄って抱かれてキスをして、フェラチオ(fellatio)をさせて、いつもより激しいHをしました。



結局、いやな気持ちになったが正直に話したとことで許して収拾がついて、それからの私たちの関係は、Hのメンで完全な主従(酒類)関係になりました。

posted by みなこ at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

妻の温泉コンパニオン(companion)時代

制妻は、以前のコンパニオン(companion)をしていました。

昔の話をしていた時に口を滑るようにして私に話してしまいました。

しつこく問い質せば・・・.

野球げんこつのクォン8人ほどの宴会で席に入ってきた時、結構食べさせて海苔が良くなって、野球げんこつをすることになったといいます。

コンパニオン(companion)は妻を入れて3人. 三でグー チョキ パーをして負けたひとりと男3人がしたといいます。 妻は敗北してしまって、3対1で野球げんこつが作られたといいます。 相手は三である茶炉から当然妻は引き続き敗北して、下着の姿(【富と】とパンツだけ)になってしまったといいます。 どんなことがあっても【富と】は離れていなければ抵抗すればそれでは時間までそのままで朱雀しろだと話して、そのままの姿で朱雀しました。 妻はTバックに1/2の【富と】起こったようにしましたが、侠客に酒を注ぎに回れば侠客に話す方法を触って、おもちゃのように扱われたといいます。

そのうちに誰かが「おい(めい)パンツにシミがあって」とぬれている所を発見されて、侠客に囲まれて股を大きく広げることができて市(詩)犯されたといいます。

その後直接見るがに1万円を入れることができて皆に触られたといいます。

宴会が終わって、望むタイプから誘惑されて、ホテルの駐車場でカーセックス(car sex)をしてしまっただと話していました。

さらにおもしろい話があるのかだと考えるので、また、ペゲンミッコンサで聞いてみて考えています。

posted by みなこ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。